トップページへ トータルライフサポートの(有)MHA企画がご紹介する あなたが葬儀でソンをしないための生前予約と特別コンサルテーション
トップページ
MHA新着情報
プロフィール
本当にそれでいいの?
あなたのフィナーレ
MHA会員のご案内
プラチナ会員
ゴールド会員
シルバー会員
コンサルティング会員
お客様の反響
MHA会員のお申込み
葬儀のお申込み
知ってますか?お葬式のこと
ご臨終
打合せ
通夜当日
葬儀・告別式当日
葬儀後の手続き
回忌法要
知ってて得する葬儀のプチ知識(雑談)
祭壇と祭具
葬儀の料金
内訳と明細
火葬のみの料金プラン
こんな仕事もやってます
生花(全国配送)・花環・盛籠のご注文
仏壇・仏具のご注文
返礼品・香典返しの
ご注文
BBS(掲示板)
リンク
特定商取引に関する法律による表示
メールでのお問合せはこちらから
葬儀・告別式当日
葬儀・告別式は、葬儀式と告別式という本来は違った性格の儀礼が合わさったものといえるでしょう。
葬儀式は故人をこの世からあの世に引き渡す宗教的な儀礼であり、告別式は会葬者がご遺族に慰めの言葉を寄せ、1人1人焼香(献花・玉串奉奠)して故人にお別れを告げる儀礼です。
告別式は故人の知り合いの人たちが弔問する場を儀式として組織したものです。したがって、葬儀式は宗教儀礼であり、告別式は社会儀礼であると位置付けすることが可能でしょう。


各宗教による葬儀式の呼び方
1) 仏式では、葬儀
2) 神式では、葬場祭
3) カトリックでは、葬儀ミサ・ことばの祭儀など
4) プロテスタントでは、葬式・葬儀など
5) 創価学会では、友人葬(通夜、葬儀・告別式)をもって…
6) 無宗教では、偲ぶ会(通夜)・お別れ会(葬儀)など


各宗教による告別式の呼び方
1) 仏式・神式・キリスト教では、告別式など
2) 創価学会では、友人葬(通夜、葬儀・告別式)など
3) 無宗教では、お別れ会(葬儀・告別式)など
以上のように宗教(宗派)によっても、葬儀・告別式の名称はさまざまです。
・・・このページの目次・・・
1 告別式の服装
2 式場への移動
3 導師(宗教者)の到着
4 各係・世話人の決定
5 各係との打ち合わせ
6 各係の開始
7 着席
8 導師(宗教者)入場
9 開式
10 指名焼香の場合
11 遺族・親族による焼香(献花・玉串奉奠)
12 会葬者による焼香(献花・玉串奉奠)
13 答礼の作法
14 弔辞披露奉呈
15 弔電披露奉呈
16 閉式
17 お別れ(告別式)
18 出棺
19 ご会葬御礼の挨拶
20 指定車両への乗車
21 火葬場への移動
22 最後のお別れ
23 宗教者の儀礼及び焼香(献花・玉串奉奠)
24 荼毘
25 火葬場での待ち時間
26 拾骨
27 精進落とし(忌中祓い)会場への移動
28 初七日法要での読経
29 精進落とし(忌中祓い)の席での挨拶
30 献杯
31 精進落とし(忌中祓い)の会食
32 帰宅
33 お清め
34 中陰段(後飾り祭壇)の設置
35 帰宅後の献香(献花・玉串奉奠)
36 葬儀社との最終確認
「知ってますか?お葬式のこと」トップへ
1 告別式の服装
服装
ご遺族、ご親族の方はご会葬者への礼儀からも喪服を着用するのが好ましいでしょう。
喪服には正装(正式)と準正装(略式)、和装と洋装がありますが故人との関係や葬儀での立場また通夜と葬儀という場面によっても様々です。
1 男性の喪主・世話役代表(葬儀委員長)
和装 染め抜き五つ紋付き羽織袴
洋装 モーニングコートに縦縞のズボン(正式) ブラックスーツ(略式)
2 女性の喪主・世話役代表(葬儀委員長)
和装 黒無地染め抜き五つ紋の着物と黒の帯
洋装 黒喪服のワンピーススーツ(正式) アンサンブル(略式)
3 男性の遺族・親族
和装 三つ紋か一つ紋の地味な羽織と着物・染め抜き五つ紋付き羽織袴
洋装 ブラックスーツ(正式) ダークスーツ(略式)
4 女性の遺族・親族
和装 黒無地染め抜き五つ紋の着物と黒の帯
洋装 黒喪服のワンピーススーツ(正式) アンサンブル(略式)
このページの目次へ
2 式場への移動
ご遺族、ご親族の方は通夜葬儀)の開式1時間前〜2時間前には斎場(式場)に到着に到着されるのが望ましいでしょう。
このページの目次へ
3 導師(宗教者)の到着
宗教者(僧侶・神官・神父・牧師など)の方が到着されましたら(身内の方がお迎えに伺う場合もあります)、控室へと入室いただきお茶を振る舞いご家族の方よりご挨拶をしていただきます(その時にお布施や謝礼をお渡しする場合もあります)。
そののち葬儀社のほうで式の流れの打ち合わせをさせていただきます。
このページの目次へ
4 各係・世話人の決定
【関連項目:各係との打ち合わせ各係の開始
葬儀喪主が中心となり、その意向に沿って運営されますが、遺族を助けて葬儀の進行や実務をとりしきる世話人も必要になります。
小規模な葬儀であれば1人でも十分ですが、規模が大きくなるにつれて複数の世話人が必要になります。
そこでまず世話人代表を、それぞれの役割ごとに世話役を選んでもらいます。
世話人代表および世話人は、知識や経験が豊富で、統率力があり、体力的に問題のないことが条件となり、親族や喪家の事情をよく知っている近所の方に依頼するのが一般的です。
勤務先の方に依頼する場合は、親族から1人、補佐役をつけるとよいでしょう。
主な役割と責任者
1 世話人代表 事前に遺族・僧侶・葬儀社と綿密な打ち合わせを行い、喪主に代わって葬儀全体の指揮をとります。喪家の事情に通じていて、葬儀の経験が豊富な方や、親族や故人の友人、勤務先の方に依頼するのが一般的です。
2 会計係 現金を預かり、料理の手配や心付けの用意をしていただきます。また、受付係から回ってきた香典の額を計算し、香典帳に記帳します。香典は葬儀終了後ご遺族に引き継ぎます。勤務先などから1名、親族側から1名というように2名以上たてるとよいでしょう。
3 受付係 受付に立ち、会葬者に記帳をしていただく係です。受け取った香典や供物は記帳簿に記入したのち会計係に渡します。また弔電は進行係に渡します。
4 進行係 葬儀の式次第や席次、焼香の順位などを打ち合わせ、それに沿って式の進行をしていただく係です。僧侶を席に案内したり、台所係との連絡係も兼任する場合もあります。故人と親交の深い人や、世話人代表が兼務しますが、近年では葬儀社に一任するケースも多々あります。
5 台所・接待係 僧侶や弔問客を茶菓でもてなし、通夜振る舞いや精進落としの準備と接待も受け持っていただきます。台所係は遺族・世話役の食事の用意をすることもあります。親戚の女性や、近所の主婦の方に依頼するのが一般的です
6 車輌係 車の誘導、弔問客の道案内などのほか、警察への道路使用許可の申請、駐車場の確保、火葬場への送迎車の手配などを行っていただきます。比較的若い方に依頼するのが一般的とされます。
このページの目次へ
5 各係との打ち合わせ
【関連項目:各係の開始
通夜葬儀)の開式1時間30分前になりましたら親族と各係、葬儀社と各係の打ち合わせをします(受付・道案内・駐車場・交通整理・配膳など)。
このページの目次へ
6 各係の開始
【関連項目:各係との打ち合わせ
通夜葬儀)の開式1時間前になりましたら各係(受付・道案内・駐車場・交通整理・配膳など)を開始していただきます。
このページの目次へ
7 着席
ご遺族、ご親族の方は通夜葬儀)の開式15分前には斎場(式場)内ホールに着席していただきます。
このページの目次へ
8 導師(宗教者)入場
このページの目次へ
9 開式
このページの目次へ
10 指名焼香の場合
ご遺族、ご親族、世話役代表(葬儀委員長)を何名か代表で指名を申し上げながら焼香をしていただく方式です。
このページの目次へ
11 遺族・親族による焼香(献花・玉串奉奠)
焼香
主に仏式の葬儀でのお別れの作法です。回数(1回〜3回)や作法(香を額に頂くか頂かないか)は宗派によっても異なりますが一番大事なのは「心を込めて」焼香することでしょう。
 
献花
主にキリスト教葬や無宗教葬でのお別れの作法です。一般的には献花台の横に立った係員より花を1輪受け取り、茎を先にして花が手前になるように献花台に置きます。献花に用いる生花には、白菊や白のカーネーションなどが多いようですが、これも決まっているわけではありません。
 
玉串奉奠
主に神葬祭でのお別れの作法です。
1) 一般的には玉串案(台)の横に立った神職より玉串を受け取り、玉串は胸の高さに、左手で葉を下から支え、右手で榊の根元を持ち玉串案(台)の前に進み、深く頭を下げます。
2) 串の先を時計方向に90度回し、左手を下げて根元をもち祈念を込め右手で玉串の中ほどを下から支え、玉串をさらに時計方向に回しながら、根元を神前に向け、左手を離して右手の下に添えます。
3) そのまま前に進み玉串案(台)の上に奉奠します。
4) 拝礼は、二拝して、音を立てないように二拍手(しのび手)し、一拝します。
通常、神社や神棚に参拝する時は拍手する時に音を立てますが、葬儀の時は両手を打つ寸前で止め、音を立てない拍手をします。これを「しのび手」といいます。拝礼や拍手の回数は神社によって回数が変わる場合もあります。
 
このページの目次へ
12 会葬者による焼香(献花・玉串奉奠)
焼香
主に仏式の葬儀でのお別れの作法です。回数(1回〜3回)や作法(香を額に頂くか頂かないか)は宗派によっても異なりますが一番大事なのは「心を込めて」焼香することでしょう。


献花

主にキリスト教葬や無宗教葬でのお別れの作法です。一般的には献花台の横に立った係員より花を1輪受け取り、茎を先にして花が手前になるように献花台に置きます。
献花に用いる生花には、白菊や白のカーネーションなどが多いようですが、これも決まっているわけではありません。


玉串奉奠

主に神葬祭でのお別れの作法です。
1) 一般的には玉串案(台)の横に立った神職より玉串を受け取り、玉串は胸の高さに、左手で葉を下から支え、右手で榊の根元を持ち玉串案(台)の前に進み、深く頭を下げます。
2) 串の先を時計方向に90度回し、左手を下げて根元をもち祈念を込め右手で玉串の中ほどを下から支え、玉串をさらに時計方向に回しながら、根元を神前に向け、左手を離して右手の下に添えます。
3) そのまま前に進み玉串案(台)の上に奉奠します。
4)

拝礼は、二拝して、音を立てないように二拍手(しのび手)し、一拝します。
通常、神社や神棚に参拝する時は拍手する時に音を立てますが、葬儀の時は両手を打つ寸前で止め、音を立てない拍手をします。これを「しのび手」といいます。拝礼や拍手の回数は神社によって回数が変わる場合もあります。

このページの目次へ
13 答礼の作法
お見えになられる会葬者にはその都度答礼(頭を下げてあいさつ)をしていただきます。
地域によっては答礼の係(親族)を設けてその方たちだけは会葬者のほうを向いていただき答礼していただくこともあります。世話役代表(葬儀委員長)が兼任されることも多いようです。
このページの目次へ
14 弔辞披露奉呈
弔辞は故人と親しい、あるいは密接なつながりがある人にご遺族が通夜葬儀・告別式以前に依頼をしておきます。
葬儀の規模にもよりますが、1人〜3人位の間で依頼をするのが一般的です。
故人の死を悼む言葉や、故人の人柄、業績や思い出などを素直な言葉で表現した文章で、葬儀式中の区切りのよい
ところで拝読していただきます。
通常、弔辞の長さは400字詰め原稿用紙3枚程度で、時間にして約3分になります。ここで順番に拝読、奉呈して頂きます。
このページの目次へ
15 弔電の選択
弔電は諸事情があり、通夜葬儀ともに弔問にお見えになれない方がご遺族宛てに打ってきていただくのが一般的です。
弔電は前もって選んである物から3〜5通の全文を披露し、他の弔電は差出人の肩書き・氏名のみを読み上げ、本文の
紹介は割愛させていただくのが一般的です。ここで司会者により披露・奉呈させて頂きます。
このページの目次へ
16 閉式
このページの目次へ
17 お別れ(告別式)
葬儀が終わると、祭壇からが下ろされ安置されます。
この時少々お時間をいただき葬儀社のほうで棺に納める生花を用意します(5分少々)。その後故人との対面をします。対面するのはご遺族やご親族、故人と親しかった知人や友人ですが、時間が許せば希望する人にも対面してもらってもよろしいでしょう。
対面の際には、生花をご遺体の周囲に「別れ花」として飾って納めていきます。同時に故人の愛用品、記念品なども棺の中に入れてもかまいません。ただし不燃物は、ご遺骨に傷をつける恐れがあるのと、燃え残ってしまう関係上、火葬場でも敬遠する方向にあります。例えば、故人が不自由しないようにメガネを入れてあげたいと思うなら、収骨容器に入れるのがよいでしょう。
対面が終わるとふたが閉じられ、釘が中途まで打ち込まれます。ここで喪主・ご遺族・ご親族・知人や友人の順序で、用意された小石により釘の頭を形式的に2回ずつ打ちつけます。これを「釘打ちの儀」といいます。最後の打ち込みは葬儀社にまかせます。なお宗教・宗派・地方によっては釘打ちの儀式をしない場合もあります。神式・キリスト教も対面の時に、「別れ花」を棺に納めます。
このページの目次へ
18 出棺
出棺する際に、はご遺族・ご親族、親しかった友人や知人の手によって、霊柩車まで運び入れます。棺をお持ちいただく方は6人〜8人の男性の方が一般的です。喪主の方は位牌(霊璽など)を持ち、最も近いご遺族の方がご遺影を持ちます(花束があれば、花束を持つ人もいます)。
順番は、お棺の跡にご位牌を持たれている方、ご遺影を持たれている方、ご遺族・ご親族の順です。
このページの目次へ
19 ご会葬御礼の挨拶
霊柩車が運び入れられたら、ご遺族・ご親族は会葬者に向かって並び、お礼の挨拶をします。
喪主あるいはご遺族・ご親族代表、葬儀委員長もしくは世話役代表が行い、故人への厚誼と参列への謝意、またご遺族に対する今後も変わらぬ交誼と支援などをお願いし、挨拶が終わりましたら会葬者に対し一礼します。
このページの目次へ
20 指定車両への乗車
火葬場に向かう際には、位牌(霊璽など)を持つ喪主の方は霊柩車の助手席に乗り、遺影・花束を持たれている方、宗教者の方がお供される場合は、ご遺族・ご親族が用意されているハイヤー(乗用車)に乗車していただくとよいでしょう。
お供されるご遺族・ご親族(また一般会葬者)の方々は、用意されている車(乗用車・ハイヤー・マイクロバス)に乗車して火葬場まで移動します。火葬場へ行く方の人数確認火葬場へ行く車両の台数確認は、通夜の段階で決めておくと良いでしょう。
このページの目次へ
21 火葬場への移動
このページの目次へ
22 最後のお別れ

火葬場によっては、故人との最後の対面ができます。の小窓を開けてもらい小窓越しですが対面することができます。

このページの目次へ
23 宗教者の儀礼及び焼香(献花・玉串奉奠)
火葬場では炉にが納められる前に儀礼があります。
仏式では「納めの式」が行われます。小さな仮祭壇が用意され、位牌・遺影・花束などを安置してから全員が焼香します。
僧侶が同行した場合は、その前に読経がありますが短時間で済むものです。
神式では「火葬祭・炉前祭」が行われます。霊璽・遺影・榊などを安置して、斎主が祭詞を奏上した後、玉串奉奠を行います。
続いてご遺族・ご親族(会葬者)らも玉串を捧げます
キリスト教では「火葬前式」が行われます。遺影・十字架・花を飾り、神父または牧師による最後の祈りが行われた後、ご遺族・ご親族(会葬者)による献花が行われます。
儀礼が終わったら棺が納められ、炉に点火されます。一同は合掌(黙祷)をしてお別れを告げます。
このページの目次へ
24 荼毘
荼毘とは火葬の事を表します。火葬は人工的にご遺体を焼却する葬法です。法律では基本的に火葬は死亡後24時間以内は出来ません。但し、法的伝染病(コレラ、赤利、しょうこう熱、ペスト及び日本脳炎、その他)による死の場合には、24時間以内であっても火葬ができます。
死亡届を受理した市区町村が発行した、火・埋葬許可証があれば、どこの地であっても火葬(埋葬)することができます(火葬した後に、墓地等に納骨する場合は火・埋葬許可証に火葬済であることの証印を火葬場で受け、それを提出する必要があります)。
このページの目次へ
25 火葬場での待ち時間
火葬場での待ち時間は、短いところで40分から長いところで2時間程度と、火葬場によっても違います。
火葬場の控え室にて荼毘の間、ご遺族側は弁当・茶菓や酒により会葬者をもてなします。
後に精進落とし(忌中祓い)などの宴席を控えている場合は乾き物のほうがよいでしょう。また待ち時間を利用して、精進落とし(忌中祓い)をする場合もあります。
宗教者が同行されている場合は、今後の事を話し合っておくとよいでしょう(今後の法要のことなど)。
このページの目次へ
26 拾骨
【関連項目:収骨容器
荼毘が終わりますと拾骨(骨上げ・収骨)を行います。ご遺族による拾骨は日本独特の儀礼と言われています。昔は1人が箸で持った遺骨を順に次の人に渡していく形だったようですが、現在では2人で1組になって遺骨を拾います。
「箸渡し」は「箸」と「橋」の音が共通なところから、故人をこの世からあの世へ、三途の川の渡しをしてあげるという思いからきていると言われています。また地方によっては全部拾骨するところと、一部拾骨するところがあります(分骨するか、しないかは事前に葬儀社に、申し出ておいて必要な場合には分骨容器を用意してもらいましょう)。
このページの目次へ
27 精進落とし(忌中祓い)会場への移動
拾骨終了後、精進落とし(忌中祓い)を行う会場へ移動します。
喪主の方は位牌を持ち、ご遺族の方は、ご遺骨とご遺影を持って用意されているハイヤー(乗用車)に乗車し、宗教者がお供されている場合は、一緒に同乗されます。火葬場にお供されている会葬者の方は指定車両(タクシー・マイクロバス)に乗車し、宴席会場へ移動します。この際、「火葬場からの帰路は往路と道を変える」という習俗がありますがこれは昔、葬列を組み墓地に埋葬したあと、死霊が追いかけてきても迷ってわからないように道を変えた名残といわれています。
最近では気にする方も少なく、行われないことが多いのですが、同乗者に特別気にする方がいる場合には配慮したほうがよいでしょう。この種の習俗は地域や宗派によっても様々ですので、事前に宗教者やご親族と打ち合わせておくとよろしいかと思います。
このページの目次へ
28 初七日法要での読経
近年では家族や関係者の地域拡散や式の進行などの理由から、初七日法要(十日祭追悼のミサ、召天記念日)も、葬儀・告別式〜火葬終了後、精進落とし(忌中祓い)の席の前に行われる傾向です。
初七日法要の儀は時間の関係上短いものが多いです。各宗教・宗派によっても違いがあります。
このページの目次へ
29 精進落とし(忌中祓い)の席での挨拶
精進落とし(忌中祓い)の会食の前に、喪主やご遺族・ご親族の代表の方が宴席に出席されている方々に挨拶を行います。内容は僧侶(宗教者)や手伝っていただいた方へ感謝の意を伝えたり、今後のお付き合いの依頼などです。
このページの目次へ
30 献杯
献杯とは、ご親族代表の方もしくは来賓の方が会食(精進落とし、忌中払い)を始める際に故人と出席者に敬意を表して、杯をさすことです。
このページの目次へ
31 精進落とし(忌中祓い)の会食
すべての儀礼が終わりましたら、ご遺族が用意された料理を会食します。
宗教者の方がこの席に出席してくれるかどうかは前もって問い合わせておきます。もし出席されない場合は、用意されているお弁当をお渡しするか、お弁当が用意されてない場合は現金を白封筒に入れ、「御膳料」という上書きで渡すと良いでしょう。宗教・宗派によってはこのような席を設けない場合もあります。
このページの目次へ
32 帰宅
精進落とし(忌中祓い)の席が終わりましたら、用意されている車(乗用車・タクシー・マイクロバス・等)に乗車して自宅(斎場)に戻ります。ただし、ホテル・料亭などで行った場合です。
このページの目次へ
33 お清め
お清めをする際に、必要なのは水を入れた桶とひしゃく、清め塩として塩を入れた小皿、タオルを用意します。火葬場から戻ってきた人に、清めの塩をかけ、清めの水で指先にかけてもらいます。
宗教・宗派によってはお清めをしない場合もあります。
このページの目次へ
34 中陰段(後飾り祭壇)の設置
火葬場から自宅にご遺骨が戻ってこられたら、安置できるように後飾り(中陰段など)を設置します(葬儀社のほうで準備をしてくれます)。宗教・宗派によっては飾り方も違ってきます(仏式・神道・キリスト教写真にて紹介)がご遺骨・ご位牌(霊璽)・ご遺影を飾ります。
このページの目次へ
35 帰宅後の献香(献花・玉串奉奠)
中陰段の準備が整いましたらまずは、ご遺族・ご親族の方が、献香(線香を捧げる)・献花(玉串奉奠)を行います。宗教・宗派によって異なります。
このページの目次へ
36 葬儀社との最終確認
葬儀内容の変更や葬儀費用のこと、集金日時回忌法要仏壇(仏具)、その他、葬儀後の手続きの行い方などを葬儀社から説明を聞き、最終確認をします。葬儀内容の不明な点や今後のことで分らない事などはここで確認をしておくことをお勧めします。
| トップページ | 本当にこれでいいの?あなたのフィナーレ | MHA会員のご案内 | お客様の反響 |
| MHA会員のお申込み | 葬儀のお申込み |
| 知ってますか?お葬式のこと | 祭壇と祭具 | 葬儀の料金 | こんな仕事もやってます |
| 生花(全国配送)・花環・盛籠のご注文 | 仏壇・仏具のご注文 | 返礼品・香典返しのご注文 |
| BBS(掲示板) | リンク | メール |
■このサイトの著作権は(有)MHA企画に帰属します。■このサイトに掲載の記事・画像の無断転載を禁止します。■リンクをご希望の方はこちらまで。
Copyright © TOTAL LIFE SUPPORT MHA PLANNING Co.,Ltd. All Rights Reserved.