トップページへ トータルライフサポートの(有)MHA企画がご紹介する あなたが葬儀でソンをしないための生前予約と特別コンサルテーション
トップページ
MHA新着情報
プロフィール
本当にそれでいいの?
あなたのフィナーレ
MHA会員のご案内
プラチナ会員
ゴールド会員
シルバー会員
コンサルティング会員
お客様の反響
MHA会員のお申込み
葬儀のお申込み
知ってますか?お葬式のこと
ご臨終
打合せ
通夜当日
葬儀・告別式当日
葬儀後の手続き
回忌法要
知ってて得する葬儀のプチ知識(雑談)
祭壇と祭具
葬儀の料金
内訳と明細
火葬のみの料金プラン
こんな仕事もやってます
生花(全国配送)・花環・盛籠のご注文
仏壇・仏具のご注文
返礼品・香典返しの
ご注文
BBS(掲示板)
リンク
特定商取引に関する法律による表示
メールでのお問合せはこちらから
回忌法要
・・・このページの目次・・・
1 忌中と喪中
2 法要の案内状
3 仏壇・神棚などのまつり方
4 初七日法要
5 七・七日(四十九日)法要
6 納骨
7 百ヵ日法要
8 一周忌法要
9 十五仏事
 
1) 神道では
2) キリスト教では
「知ってますか?お葬式のこと」トップへ
1 忌中と喪中

忌中とは仏教でいう中陰の期間(次の生を得るまでの期間)を指し、これは49日間であるとされました。この間、七日ごとに法要をおこない、七・七日を満中陰といいます。
この49日の間は、死の穢れが強い時期とされ、遺族は喪服を着て身を慎み、自宅にこもるものとされてきました。この期間を忌中といい、四十九日が過ぎると「忌明け」となり、日常の生活に戻っていきました。
現在では、忌引休暇をとり、行動を控える程度になりましたが、結婚式などの慶事に出席したり、神社に参拝するようなことは控えます。
忌中に対し、喪中は1年(13ヵ月)、または一周忌までを指します。この期間、正月を迎えるときは、新年のお祝いは控え、年賀状のやりとりも遠慮し、喪中欠礼の挨拶状を出すのが慣例となっています。

官公庁規定による忌引の期間
続き柄 期間 続き柄 期間
1) 配偶者 10日間 6) 孫 1日間
2) 父母 7日間 7) 伯叔父母 1日間
3) 子供 5日間 8) 配偶者の父母 3日間
4) 祖父母 3日間 9) 配偶者の祖父母 1日間
5) 兄弟姉妹 3日間 10) 配偶者の兄弟姉妹 1日間
このページの目次へ
2 法要の案内状
【関連項目:各案内状の手配
身内だけで法要を営む場合は電話連絡だけでもよいでしょう。しかし友人・知人や仕事関係者などを招いて盛大に営む場合はあらかじめ準備が必要です。
法要の主催者は施主がつとめ、これは一般的に葬儀の際に喪主をつとめた方が多いようです。
法要は命日(死亡した月日)に行うものとされていますが、参列していただく方々が集まりやすいように、休日を選ぶことが多くなっています。その場合は、命日より遅れることの内容に注意しましょう。これは「諸行無常というように、いつも平穏無事な日が続くとは限らないので、法要は1日も早く済ませたほうがよい」という先人の戒めから生まれた習慣のようです。
法要は自宅で行うのが一般的ですが、お寺を希望する場合は誰の回忌法要を、いつ行いたいか、参列者は何人くらいかをお寺に伝えて予約します。
ほかの会場で行う場合は、なるべくお墓に近い斎場・会館・ホテルなどを早めに予約しておいたほうがよろしいでしょう。
年忌法要では、卒塔婆(戒名や施主の名前などを書いた細長い板)をお墓に立てる「卒塔婆供養」を行うことがあります。これは僧侶に書いてもらうものですから、事前にお願いしておきましょう。
引き出物は一家族、一家庭に1品(一律でよいとされます)用意し、表書きは「志」、「粗供養」などとします。右肩に誰の何回忌かを記し、水引(仏事には黒白または藍白を使用します)の下に施主の姓を書きます。なお仏事ですから「のし」はつけません。
法要終了後に、「お斎」という会食の席を設け僧侶と参列者をもてなします。お斎を設けない場合は、折詰と酒の小瓶などを用意し、法要後に引き出物に添えて渡します。
このページの目次へ
3 仏壇・神棚などのまつり方
【関連項目:仏壇・仏具の手配
仏壇とは寺院の本堂を模したもので、本来は寺院内で仏像を安置して、礼拝をし、供物を捧げたりする周囲より一段高くなった場所のことを指していました。現在では各家庭において本尊や位牌を安置する厨子、または宮殿型のものを仏壇というようになりました。
仏壇自体には宗派による違いはありませんが、本尊・仏具の祀り方は宗派によって異なります。
お参りの仕方は、日常的にはどの宗派にも共通する作法を知っていれば問題ありません。毎日のお勤めでご先祖や神々に感謝の気持ちを表しましょう。
各宗派のご本尊と両脇仏
  ご 本 尊 脇 仏(右) 両 脇 仏(左)
天台宗 阿弥陀如来(他) 天台大師 伝教大師
真言宗 大日如来 弘法大師 不動明王
浄土宗 阿弥陀如来 善導大師 法然上人
浄土真宗 阿弥陀如来 親鸞上人 蓮如上人
曹洞宗 釈迦如来 承陽大師 常済大師
臨済宗 釈迦如来 文殊菩薩 普賢菩薩
日蓮宗 御曼荼羅 大黒天 鬼子母神
(注:地域や寺院により異なる場合があります)
一般的な仏具
位 牌 故人の戒名、命日、享年を記したもので、塗り位牌と唐木位牌があります。
仏飯器 仏飯を供える仏具。仏器とも呼ばれます。
香炉 線香、または抹香をたくための仏具。三つ脚の場合は脚の一本が手前にくるように置きます。
燭台 灯明、つまりロウソクを立てる仏具です。
花立 仏壇に供える花を生ける花瓶で、華瓶とも言います。
高杯 お菓子や果物を供える仏具。
吊燈籠 天井から宮殿の両脇に一対さげます。金燈籠とも呼びます。
茶湯器 茶・湯・水を入れる仏具。
霊供膳 仏壇に供える小型の本膳。供えるときは箸が仏前に向くようにして、精進料理にします。
鈴・鈴棒 「かね」、「きん」とも呼ばれ、お勤めの始まりに打ち鳴らします。
線香立 線香を入れておくための容器です。
(注:地域や宗派により異なる場合もあります)
神棚は、天照大神や氏神様を祀る白木の社ですが、仏教徒の家でも祀られています。一方の祖霊舎は、先祖代々の霊を祀るもので、神道独特の習わしです。
祖霊舎は、その家ではじめて死者が出たときに五十日忌明けまでに購入することが多いようです。
祀り方は、鴨居より高い位置に棚をしつらえて神棚を据え、祖霊舎はそれより低い位置に安置します。どちらも神鏡を中心に、水器、御神酒徳利、三方、榊立てなどの神具を祀ります。故人の霊璽は祖霊舎のほうに安置します。お参りをするときは、早朝に神饌(洗米・塩・水)を供え、感謝と報恩の気持ちをこめて、二礼二拍手一礼します。
キリスト教においては、死者を祀るという習慣はありません。
しかしカトリックでは、キリストの像を刻んだ十字架、燭台、花立、マリア像、聖書、聖歌集、故人の遺影などを飾った家庭祭壇を設けることが多いようです。プロテスタントもカトリックとほぼ同じですが、キリストの像を刻んでいない十字架を用います。またマリア像、遺影なども飾りません。
両派ともに祭壇に祈りをささげますが、キリスト教の場合は、あくまでも教会での祈りが主体になります。
このページの目次へ
4 初七日法要
【関連項目:一周忌法要
死亡した日から数えて7日目の法要ですが、現在では葬儀当日に繰り上げて行われることが多いようです。これは核家族化による家庭の分散で、7日後に再びご遺族・ご親族が集まるのが、スケジュール的に難しくなったためと思われます。
初七日は故人が「転生」する最初の法要として大変重要なものです。
死後一年間の法要
1 初七日忌(七日目) 2 二・七日忌(14日目) 3 三・七日忌(21日目)
4 四・七日忌(28日目) 5 五・七日忌(35日目) 6 六・七日忌(42日目)
7 七・七日忌(49日目) 8 百ヵ日忌(100日目) 9 一周忌(365日目)
初七日法要での焼香(献花・玉串奉奠)
ここでの焼香(献花・玉串奉奠)は、初七日法要十日祭追悼のミサ、召天記念日)に出席されている、ご遺族・ご親族(会葬者)の方がしていただくもので僧侶(宗教者)の読経が始まったら、順番に焼香(献花・玉串奉奠)を行っていただきます。
このページの目次へ
5 七・七日(四十九日)法要
四十九日法要は、故人が生命を終えて、次の生命を得るまでの「中陰」の期間を終え、霊が浄化されて「生有」を得る日です。故人が生前親しかった方々や親族が集まり、故人の成仏を見届け、葬儀から今までのお礼を述べ、感謝の気持ちから精進落としをします。納骨はこの日もしくはそれ以前の六・七日忌に行われることが多いようです。
四十九日後は白木の位牌を塗り物に替えて、白木の位牌は寺に納めます。
この日より忌明けとなり、遺族は日常の生活に戻ります。
このページの目次へ
6 納骨
お墓に遺骨を埋蔵するとき、あるいは納骨堂に遺骨を収蔵(=預ける)ときには、死亡届を提出した自治体で交付される埋葬許可証が必要です。この許可証に火葬済みとの証印を受け、墓地または納骨堂の管理者に提出します。
墓地をまだ購入していないなどの理由で、納骨できない場合は、納骨堂の許可を受けた施設で一時預かりをしてもらうことも可能です。
納骨堂とは、依頼を受けて、他人の焼骨を保管するために、都道府県知事の許可を受けた施設のことです。
しかし、寺院・教会といった宗教施設でも、納骨堂の許可を得てない施設では他人の焼骨を長期的に預かることはできません。なお、自分の家族の遺骨を自宅に保管することは違法ではありません。
このページの目次へ
7 百ヵ日法要
以前は四十九日法要と同程度の規模の催しをしていましたが、最近ではごく内輪で済ませることが多いようです。
地方によっては、位牌を百ヵ日忌になってから仏壇に上げています。
百ヵ日忌の次の法要は一周忌になりますが、遺族は毎月の命日(月忌)には供物を供え、花を飾って供養します。
このページの目次へ
8 一周忌法要
【関連項目:七・七日法要初七日法要
死亡した翌年の祥月命日(毎年の故人の命日)が一周忌で、この日は僧侶と近親者、知人、友人を招いて供養します。一周忌は満で数え、そのあとは数えで計算するため、2年目が三回忌で法要が2年続くことになります。
それ以降三回忌から三十三回忌法要は僧侶ほか、近親者や特に関係の深かった人等を招いて行います。三十三回忌以降は省略することが多いようです。
1 一周忌
(1年目の祥月命日)
2 三回忌
(2年目の祥月命日)
3 七回忌
(6年目の祥月命日)
4 十三回忌
(12年目の祥月命日)
5 十七回忌
(16年目の祥月命日)
6 二十五回忌
(24年目の祥月命日)
7 三十三回忌
(32年目の祥月命日)
8 五十回忌
(49年目の祥月命日)
9 百回忌
(99年目の祥月命日)
このページの目次へ
9 十五仏事
【1) 神道では、2) キリスト教では】
日本人は死者供養を大切にしてきた民族であるといえます。
歴史的にはインドに起源をもつ中陰の七仏事(初七日、二・七日、三・七日、四・七日、五・七日、六・七日、七・七日)と、中国に仏教が伝わり(百ヵ日・一周忌・三回忌)の三仏事が加わり十仏事となり、更に日本で(七回忌、十三回忌、三十三回忌)が加わり十三仏事となり、近世に(十七回忌、二十五回忌)が加わり十五仏事となりました。しかし、十五仏事は完全に一般化しているとは言えず、二十三回忌、二十七回忌などに回忌法要を営むこともあります。
七回忌の後が十三回忌なのは七回忌の七年目にあたるため、それに引き続く十七回忌は七の数字がつくからと言われます。
五十回忌以降、五十年ごとに行われる法要を遠忌と言い、宗派の祖師の場合などに限って営まれます。そして、日本では古来より、三十三回忌または五十回忌をもって、故人の霊を弔い上げとし、先祖の霊に合祀されることが多いようです。


1) 神道では
祭礼は葬儀翌日に行う翌日祭から、10日目毎に50日まで行われる毎十日祭と百日祭。その後一年、三年、五年、十年、二十年…と式年祭が続きます。
翌日祭とは墓前や霊前に葬儀の終了を奉告するもので、墓前か自宅で行い、本来は神官を招きますが、身内で執り行うこともあります。
五十日祭は神官と親族・友人・知人を招き、墓前や霊前に洗米、塩,水、故人の好物、花などを供え神官が祭詞を奉上し、玉串奉奠を行います。その後、宴席を設けて出席者をもてなします。
五十日祭の翌日、神官と遺族とで祓い清め、神棚の封を解く「清祓いの儀」をおこないます。そして、仮霊舎の霊璽を祖霊舎に合祀して、忌明けとなります。
神式では、正式には火葬場での骨上げ後、遺骨をその日のうちに墓地に埋葬し、納骨の儀を行います。しかし、最近では仏式の場合と同様、いったん自宅に持ち帰り、忌明けまで安置することが多くなっています。


2) キリスト教では
カトリックの場合は、亡くなった日から数えて3日、7日、30日、49日及び月ごと、年ごとの命日などに教会で追悼ミサを行ってよいとされ「命日祭の祈り」が用意されています。
特に1年目の祥月命日は盛大に行われます。遺族、近親者一同が参列し、聖書を朗読して聖歌を斉唱。その後簡単な食事会を開いて故人を偲びます。
なお、遺骨の埋葬は7日目か1ヶ月目の追悼ミサに行うことが多いようです。
毎年11月2日の万霊節にはミサを行います。
プロテスタントの場合は、亡くなってから1ヵ月後に、召天記念日として記念式を行います。牧師を呼び遺族や近親者一同で祈りを捧げますが、自宅か墓前で行うことが多く、納骨を行うことも。また、数年間は仏式の法要にあたる記念集会を命日に行い、それ以外は、特に決まった記念式はありません。
このページの目次へ
| トップページ | 本当にこれでいいの?あなたのフィナーレ | MHA会員のご案内 | お客様の反響 |
| MHA会員のお申込み | 葬儀のお申込み |
| 知ってますか?お葬式のこと | 祭壇と祭具 | 葬儀の料金 | こんな仕事もやってます |
| 生花(全国配送)・花環・盛籠のご注文 | 仏壇・仏具のご注文 | 返礼品・香典返しのご注文 |
| BBS(掲示板) | リンク | メール |
■このサイトの著作権は(有)MHA企画に帰属します。■このサイトに掲載の記事・画像の無断転載を禁止します。■リンクをご希望の方はこちらまで。
Copyright © TOTAL LIFE SUPPORT MHA PLANNING Co.,Ltd. All Rights Reserved.